記事一覧

 雪中キャンプ

     初めての雪中キャンプに参加しました。 まず、テントを張るスペースの雪を踏み固めて、そこから雪を切り出します。周囲に雪を切り出した塊を積み重ねて、低い壁にします。切り出した雪の塊の間の隙間を雪で埋めていきます。(娘は開拓時代だともりあがっていました。)その後、専用のテントを貼ります。とても寒いです。夏用寝袋にウエアーで入り、毛布を掛けました。あまり熟睡はできません。(子どもはぐっすり寝...

続きを読む

9歳までは読み聞かせ(子供と豊かな時間を過ごすために)

先日、近隣の図書館長さんが学校図書の支援などについて教えてくださいました。学校と連携して学校の図書室の充実を図っている活力ある図書館です。その話の中で出てきた言葉。 家庭で「本を通じて心がふれ合う豊かな時間をつくろう」「①文字が読めるようになっても、9歳ごろまでは読み聞かせが子供にとって、一番豊かな時間を過ごせることを伝えます。」という言葉がありました。「伝えます。」なんです。 確定なんです。 9歳ご...

続きを読む

年長から始めるとスムーズ

年長から始めるとスムーズだというどんぐり問題。親は環境設定を努力することが求められる。 (娘は1年生の途中から始めています。)なかなか週1回のペースでさえ軌道に乗りません。 年長になってから始めたピアノ教室。 本人の希望と小学生になった時に、継続してかかわってくれる信頼できる先生の存在があればいいなと思って始めました。 現在、週1回30分の教室を毎回楽しみに通っています。 2階に置いたピアノでは一人で...

続きを読む

3年生までは読み聞かせ

読み聞かせの大先輩の話。「小学3年生までは読み聞かせをしてください。お子さんが望むようでしたらもっと長く、いつまでも。そのうち望まなくなります。小学6年生ぐらいまでは、読み聞かせを楽しむのは普通です。小さいときに読み聞かせをしていたのに、小学生になったから自分で読みなさいと読み聞かせをやめる方がいますが、もったいない。お子さんは小さいころ読んでもらったことを忘れてしまいます。でも、小さいころにお子...

続きを読む

自然体験・場所を変えること・祭り

私は本州から北海道に憧れて移住しました。そして、今、目の前は畑と雄大な景色。「近くで楽しめるよね。」そんな気持ちでいっぱい。(本州組からしたら、雪景色だけで十分)土曜日、家でのんびりしたがる娘に頼み込んで、午後から町内のクロカンコースに行きました。グランドを回った後、軽く起伏のあるコースに行きました。わたしには十分な自然堪能だったのですが・・・娘は付き合ってあげています状態。どんぐり学舎さんのブロ...

続きを読む

初めてのワカサギ釣り

大沼の隣(じゅんさい沼)のワカサギ釣りに行ってきました。子どもでも釣れます。(道具も全部貸してくれて、釣り方も教えてくれます。)寒いですが大人も子供も夢中でした。大きなハウスもあり、寒くなったらハウスの中でさらに釣りました。釣りたてのワカサギをてんぷらにしてその場で食べられます。(美味しかった。)ワカサギはある程度間引きしないと、卵が大きくならないそうです。近くの大沼に白鳥も見られるそうでしたが、...

続きを読む

どんぐり問題 1MX20

やっと、デジカメの写真をアップできました。答えは正解。この問題の後に、娘はお小遣いで、おもちゃを購入。しっかり、問題に影響されているのに気づきました。...

続きを読む

私がどんぐり倶楽部の文章問題を始めた理由。

ある日、読み聞かせの会のお母さんたちの、「子供たちが算数の文章問題が解けない。どう教えていいかわからない。」という言葉に出会いました。本を読んでいる子供たちが、小学校の算数の文章問題が解けない?「母国語」なのに?疑問を持ちながら過ごすうちに、「どんぐり倶楽部の公式ホームページ」に、出会いました。「どんぐり倶楽部」には、子供たちが算数の文章問題が解けなくなっている現代の理由も、改善方法もすべてが提示...

続きを読む

無言の行

「「心の基地」はおかあさん」で有名な平井信義さんの「いっしょに笑ってお母さん」  お母さんへの手紙[小学生編〕 を読みました。 特別に興味深かったのが、「無言の行」...どんぐり倶楽部ですすめている、「お母さんは子供を怒らない・命令しない・・・してほしいことがあればお願いする」ことと、同じだと思いました。ただ、どんぐり倶楽部で書かれていることの方が、ソフトでわかりやすく実践しやすいと感じました。でも、...

続きを読む