記事一覧

「学校の算数の文章問題ぐらいは理解して式ができる」

漢字テストの書きが取れていないので、1日1文字IF法で 1分で覚えられるよとすすめても・・・ 「たくさん勉強してきたのに、1分も勉強できない。」 ごもっとも。しっかりしています。 私は宿題せずに小学生時代を過ごしたので、漢字ボロボロ。計算ボロボロ。 それでも、高校入試程度は何とかなるのを知っているので、 本人がその気にならなければ別に気にしません。 (私より漢字の形をイメージできて...

続きを読む

マチルダはちいさな大天才

「マチルダはちいさな大天才」 ロアルド・ダール「チョコレート工場の秘密」の作者の作品。娘は女の子が主人公の話が好きです。チョコレート工場の秘密はいまだに、読んでいません。最近は私のおすすめの本ではなくて、自分で選んだ本を読み聞かせも希望。娘の希望には答えながら、懲りずにお勧めもします。昨晩久しぶりに、お勧めに乗ってくれました。読み聞かせしたら、はまりました。翌朝も登校前まで読み聞かせ。「本好きの4...

続きを読む

お母さんたちは早生が好き?

読み聞かせの大先輩のことばです。「お母さん方は子供に早生を望むけど、子供はゆっくり成長するタイプも居るのです。ただ待てないだけ。成長する前に、成長の芽を摘んでしまう。」娘は季節の変わり目に弱くて、発熱・咳で、家庭で休んでいました。なんだか赤ちゃん返り中。(正確には幼児ぐらいに戻っている様子。)しまってあったおままごと道具をだし、おままごと。そのあとは、娘が普段自分で読んでいるシリーズの読み聞かせを...

続きを読む

「うるうのもり」

                                  「うるうのもり」絵と文小林健太郎                           1週間に1回、朝の10分しかない学校での読み聞かせの時間。2回に分けて読みました。児童書です。4年に1歳しか年を足らない、いつもあまりの1だったうるうと 10歳の男の子とのお話。重版にな...

続きを読む

ほぼ2か月ぶりのどんぐりです。

6月3日(土曜日)  ー気分を変えて、金森先生の問題です。-久しぶりのどんぐり、答えは違います。楽しんで終了。近所に友達ができて、ほぼ毎日外遊びの日々でした。頭の中は遊び友達1色。帰宅後ランドセルを玄関に置くと、おやつも食べずに友達を迎えに行く。どんぐりの入る余地が全くない日々。庭にネズミが出て、ほぼ3週間ほど、友達とネズミ退治大作戦。石を投げたり、毒水を作ったり(草やミミズまで投入)落とし穴を作...

続きを読む